読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterをやめてひとつきほどが経った

タイトルの通り

正確に言うと学校を中心とした友人などと交流するメインアカウントを削除して1ヶ月が経った

Twitterは削除後、30日間は復活できるようなのだけれどそろそろできなくなっていると思う

きっかけ

きっかけとして一番大きいものは友人に「やめたら?」と言われたのだと思う

その時は「俺からTwitterを取ったらなにもないよw」なんて返したけどその日の夜に消した

ただアカウントを消してもいいかなぁとは前々から思っていてそれは以下の理由からである

  • タイムラインは見ていない
  • ほぼつぶやかない
  • 何かをしてるときもTwitterを見てしまい集中が途切れる
  • 今までの環境を変えたい

僕は基本的にTweetDeckを使っており、リスト管理されたプログラミング情報や声優さん、レイヤーさんしかみておらず、かろうじてメンションだけカラムに追加しているという感じだった

また初期のころは500/日もつぶやいていたようなアカウントも多くて20/日程度になっており、他はswarmのチェックイン程度になっていた

 

しかし、Twitterがコミュニティの中心であるためか、Twitterが気になってしまいちょこちょこDeckを開いてメンションを確認していたので集中続かず、いろんなことに支障をきたしていたのである

そして大学入学時から続いていたTwitter中心生活を1度やめて環境を変えてみるのもありかと思っていた

 

やめて変わったこと

やめたことで変わったことはまだあらわれていないような気がする

ただTwitterをいつも思考のどこかで意識していたのだけれど、それがなくなったと思う

冒頭にも書いたが、今回はメインアカウントを削除しただけでTwitter自体は今も利用している

主にアイドル、声優、アニメの情報を収集するためなので鍵垢でフォロワーが誰もいないというものになっている

だけど、Twitterについてはそんなに考えないしそんなに見ない

やはりリアルの友人とつながっていないというのが大きく、SNS疲れしていた気がする

でもまだそんなところ。

 

最後に

SNS、とても便利で常に友人たちが何をしているかわかるので面白いのだけれど、そこまで知らなくても良いと思ってきていて、久々に会ったときに最近何があったみたいな話を聞くみたいなのが楽しいこともあるような気がする

なんとなくSNS疲れしてるかと思っている人にはオススメできる(まぁ30日間は試せるので)