読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メイド喫茶に行ってきた@毎週通いたい

ちょうど先週、友人と秋葉原メイド喫茶へ行ってきました。

割りと行ってそうなイメージがあるかもしれませんが、実は今回が2回目で初めては同じく秋葉原のお店で、2年ほど前に行ったのですがあまり印象が良くなかった記憶です。。。

なぜいったのか?

ただ単にメイドさんに癒やされたかったから。

それ以外必要ない。ちなみに2軒ほど行きました。

 

1軒目

TOP of 私設図書館シャッツキステ

少し前に後輩がここをおすすめしていたような記憶と先輩(OB)にもとてもよかったときいていたので、行くことになったときに最初に思いつき行くことにしました。

 場所秋葉原駅からちょっと離れたところにあるのですがそんなに遠くはないです。

お店の雰囲気は後輩などから聞いていたとおりで、一般的にイメージされるメイド喫茶とは打って変わってすごく落ち着いており、メイドさんもTHE・メイドと言う感じで気品のある感じでした。(伝えきれないのでサイトを御覧ください)

 

料金体系は30分/500円で紅茶が飲み放題、またお菓子やハーブティーなどのメニューも300~500円で個人的には「安いなぁ」という印象です。(ずっといたい)

とにかく雰囲気が良いので読書をしたり、ボードゲームをしたり落ち着いて楽しめる空間かなと思います。(毎週通いたい)

 

また私設図書館ということもあり、本がたくさんあるのですが、普段は中々目にしないような本ばかりで新しい発見があるかなぁと思います。

ちょうど9月が「ふわふわのくまさん」の時期だったようで絵本があったり、おっきなくまさんやちっちゃいくまさんがいました。

blog.livedoor.jp

おっきなくまさんを抱っこしたのですが最高でしたw

絵本も文字を使わない絵本というもので、初めて読んだのですが文字がなくても話が伝わってきて、「すごい!」の一言。

とても楽しかったです。

最後の方にメイドさんに進められて簡単なボードゲームをやったのですがこれがまた面白くて、またやりたいです。(名前わすれてしまった)

 

更に部活動と呼ばれる催し物が毎週行われているようで、参加したいと思い、多分来月くらいにいきますw

 

2軒目

そして次に行ったのがこちら。

www.cafe-athome.com

@ほぉ〜むカフェです。

先程のシャッツキステとは打って変わって、THE・メイド喫茶という感じのところです。

こちらの本店5Fへお邪魔してきました。

3連休ということもあり、本店のどの階も並んでいましたが、15分しない位で席への案内をしてもらえました。

案内を担当してくれたメイドさんがグイグイきて最初少し戸惑ってしまいましたが、普通に話しやすくてよかったです。

 

こちらの料金体系は基本1時間となっており、入場料(600円)+メニュー料金という感じ。

詳しくはこちら

セットメニューというものもあり、すべてにメイドさんとのツーショットチェキかゲーム対決がついていて、初心者にはおすすめとのことで、とりあえずドリンクセットを注文して、友人はデザートセットで、そのケーキを2人で食べることにしました。

 

 ドリンクもいろいろあって、せっかくだから絵を書いてもらえるやつにしようということで、↑のような感じでレムりんを書いてもらい、友人はバク。

 

注文して少しすると、セットメニューのツーショットチェキで一緒に撮ってもらうメイドさん(誰と撮りたいか選べる)に呼ばれて、ステージ上でチェキタイム。

 

室内の構造が前の方にステージがあって、それを囲うようにカウンター的な席、後ろにテーブル席や一段高いカウンター的な席がステージを向くように作られているのだけれど、みんなから見えるので少し恥ずかしかったです。

 

また違う意味でチェキで少しダメージを負ったけど、その話は今回は無しで。

 

 チェキを撮って少しすると、ステージタイム的な時間になってその時間担当のメイドさん4人(歌2人とダンス2人)がミニライブをしてくれました。

あとで調べて分かったんですが、@ほぉ〜むカフェ発のメイドユニットがTIFに出ていたりするみたいで、完全にアイドルなんだなぁという感じです。

 

ステージタイムは軽い落ちサビでのケチャ指導はあったものの、会場はほぼ新規だったようでコールとかはほぼなかったです(いれたかった)

 

ステージタイムがおわって少ししたら時間で終わりという感じでしたが、普通に盛りだくさんだった。

最後に会員証(最初の写真の左)ももらったのでランクを上げていきたいという気持ちです。

 

おわり

2年ぶりのメイド喫茶は最高だったこともあり、めちゃめちゃ通いたくなっているのと別のお店を開拓したいなぁというのが最近の生きるモチベーションです。