メイド喫茶に行ってきた2@まだ予定がある

こんばんは。

気づいたら夏休みが終わろうとしてるのですが、僕は今週インターンで都内に来たのでメイド喫茶に行ってきました。

 

今回はこちら!

queenscourt.tv

クイーンズコートへ行ってきました!

 

前回、メイド喫茶に行った後感想をつぶやいていたら

 という感じでお誘いを頂いたので今回行くことにしました(メイドさんに聞いたら誰がつぶやいてるのかわからないらしいw)

 

どんな感じ?

まだ数軒しかメイド喫茶に行ったこと無いのですが、また他と違う色があってよかったです。

まず席はすべてカウンターになっていて、メイドさんと結構近い距離でしゃべれます。

その日、お給仕しているメイドさんが代わる代わる回ってきて話してくれて、ほんとに1hだったのか?と思うくらい楽しい時間をすごせました。

また朝の5時までやっているということで、夜はバーという感じみたいです(今回は飲んでません)

 

料金はこんな感じで今回はおすすめされたフェアリーセットのカフェとオムライスを頼みました。

おいしかった〜

(またレムを書いてもらったw)

 

常連さんが結構いたようで、ドリンクを飲めるようにする呪文の時など一緒にやってくださってすごくアットホームな感じでしたね。

あとメイドさんが全員回ってきてくれて全員と話せるのですごいよかったw(2回目)

 

他にも中庭の鍵というポイントが溜まってランクが上がる会員証とその特典、あとギルドチップというまた別のポイント制度があってそれぞれ特典が違い、上位になると焼肉屋さんに好きなメイドさんを連れて行って一緒にごはんを食べれるとか中々すごい・・・w(詳しくはこちら)

 

とりあえず中庭の鍵という会員証を作ったのですが初回はペラペラで2回目から固くなるので、今度はお酒の見に行こうかなという感じです。

 

あと今回もツーショットチェキを撮ったんですが、メイドさんと背中合わせで中二病ポーズできてよかった。(今回は傷を負ってないw)

 

まとめ

まだメイド喫茶全然知らないのでいろいろ見てみたいなぁという感じです。

それぞれ色があって面白いので好みを見つけるとほんとにドハマリしそうで怖いですねw

 

 

 

メイド喫茶に行ってきた@毎週通いたい

ちょうど先週、友人と秋葉原メイド喫茶へ行ってきました。

割りと行ってそうなイメージがあるかもしれませんが、実は今回が2回目で初めては同じく秋葉原のお店で、2年ほど前に行ったのですがあまり印象が良くなかった記憶です。。。

なぜいったのか?

ただ単にメイドさんに癒やされたかったから。

それ以外必要ない。ちなみに2軒ほど行きました。

 

1軒目

TOP of 私設図書館シャッツキステ

少し前に後輩がここをおすすめしていたような記憶と先輩(OB)にもとてもよかったときいていたので、行くことになったときに最初に思いつき行くことにしました。

 場所秋葉原駅からちょっと離れたところにあるのですがそんなに遠くはないです。

お店の雰囲気は後輩などから聞いていたとおりで、一般的にイメージされるメイド喫茶とは打って変わってすごく落ち着いており、メイドさんもTHE・メイドと言う感じで気品のある感じでした。(伝えきれないのでサイトを御覧ください)

 

料金体系は30分/500円で紅茶が飲み放題、またお菓子やハーブティーなどのメニューも300~500円で個人的には「安いなぁ」という印象です。(ずっといたい)

とにかく雰囲気が良いので読書をしたり、ボードゲームをしたり落ち着いて楽しめる空間かなと思います。(毎週通いたい)

 

また私設図書館ということもあり、本がたくさんあるのですが、普段は中々目にしないような本ばかりで新しい発見があるかなぁと思います。

ちょうど9月が「ふわふわのくまさん」の時期だったようで絵本があったり、おっきなくまさんやちっちゃいくまさんがいました。

blog.livedoor.jp

おっきなくまさんを抱っこしたのですが最高でしたw

絵本も文字を使わない絵本というもので、初めて読んだのですが文字がなくても話が伝わってきて、「すごい!」の一言。

とても楽しかったです。

最後の方にメイドさんに進められて簡単なボードゲームをやったのですがこれがまた面白くて、またやりたいです。(名前わすれてしまった)

 

更に部活動と呼ばれる催し物が毎週行われているようで、参加したいと思い、多分来月くらいにいきますw

 

2軒目

そして次に行ったのがこちら。

www.cafe-athome.com

@ほぉ〜むカフェです。

先程のシャッツキステとは打って変わって、THE・メイド喫茶という感じのところです。

こちらの本店5Fへお邪魔してきました。

3連休ということもあり、本店のどの階も並んでいましたが、15分しない位で席への案内をしてもらえました。

案内を担当してくれたメイドさんがグイグイきて最初少し戸惑ってしまいましたが、普通に話しやすくてよかったです。

 

こちらの料金体系は基本1時間となっており、入場料(600円)+メニュー料金という感じ。

詳しくはこちら

セットメニューというものもあり、すべてにメイドさんとのツーショットチェキかゲーム対決がついていて、初心者にはおすすめとのことで、とりあえずドリンクセットを注文して、友人はデザートセットで、そのケーキを2人で食べることにしました。

 

 ドリンクもいろいろあって、せっかくだから絵を書いてもらえるやつにしようということで、↑のような感じでレムりんを書いてもらい、友人はバク。

 

注文して少しすると、セットメニューのツーショットチェキで一緒に撮ってもらうメイドさん(誰と撮りたいか選べる)に呼ばれて、ステージ上でチェキタイム。

 

室内の構造が前の方にステージがあって、それを囲うようにカウンター的な席、後ろにテーブル席や一段高いカウンター的な席がステージを向くように作られているのだけれど、みんなから見えるので少し恥ずかしかったです。

 

また違う意味でチェキで少しダメージを負ったけど、その話は今回は無しで。

 

 チェキを撮って少しすると、ステージタイム的な時間になってその時間担当のメイドさん4人(歌2人とダンス2人)がミニライブをしてくれました。

あとで調べて分かったんですが、@ほぉ〜むカフェ発のメイドユニットがTIFに出ていたりするみたいで、完全にアイドルなんだなぁという感じです。

 

ステージタイムは軽い落ちサビでのケチャ指導はあったものの、会場はほぼ新規だったようでコールとかはほぼなかったです(いれたかった)

 

ステージタイムがおわって少ししたら時間で終わりという感じでしたが、普通に盛りだくさんだった。

最後に会員証(最初の写真の左)ももらったのでランクを上げていきたいという気持ちです。

 

おわり

2年ぶりのメイド喫茶は最高だったこともあり、めちゃめちゃ通いたくなっているのと別のお店を開拓したいなぁというのが最近の生きるモチベーションです。

 

 

ヲタクをやめることができるのか否か

前回の記事のような話やあと女の子に対する感情が可愛いから上にいかなくて、「付き合いたい」みたいな感情にならないという話を友人にしたら、なんやかんやあってとりあえずヲタクをやめてみたらどうだということになりました。

(なんやかんやについてはそのうち書くかもしれない)

 

とりあえず

まぁなにがヲタクで一般人でみたいな話をすると燃え上がりまくっていろんな人にいろいろ言われるので、とりあえず決めたその日に以下を断つことにしてみました。

  1. アニメを見る
  2. 声優関連
  3. アイドル関連
  4. ヲタ芸動画を見る
  5. アニソンを聴く
  6. ラノベを読む
  7. マンガを読む
  8. Twitterなどで情報を収集する

 

結果

無視でした。。。

決めた日に家に帰った瞬間、それらが出来無いと「あれ?自分いつもなにしてるんだ」となったわけです。

普段の生活 

それもそのはず、普段の生活は家にいたら、アニソンを流しているか、アニメを流している状態だし、それ以外はネットで情報を集めてるか、声優ラジオを聴いているかなわけです。

つまりほぼ僕の生活であったのです。

それがごそっと消えたらあたり前に仕事以外やることはなくなるのですね。

おわり

ただそう考えると他の人はいつも何をしてるのかが気になってきてちょっと調べたくなってきたので、きかれた人は心優しく教えてほしいです。

 

 

「好き」の熱量がなくなってきている(下がっている)

最近、いや大学2年ぐらいからずっと思っていることなんですが、「好き」の熱量が下がってきているなぁと。

どういうことかというと、「このアニメいいな!好きだ!」とか「この声優さんいいな!」とか「このアイドルいいな!」と思っても、それに対して調べあげたり、常に情報を仕入れたり、他にもイベント言ったり、グッズ買ったり...etcということをそこまでしなくなったという話

 

もともとドルヲタ

もともとは中3くらいから9nineというアイドルグループ(当時はアイドルといわれたくなくて、パフォーマンスガールズユニットと主張してた)が大好きで正直24時間365日彼女たちのことを考えてたし、好きだったし、お小遣いも全部つぎ込んだし、いつどこでイベントやってて雑誌はいつどれに載って、番組も全部チェックして、ラジオはハガキ読まれまくってみたいなことをしてました。

 

ただ、今はその当時ほど「好き」と感じた物事に対して動けてないなと

 

原因は?

いろいろある気がしていて、1つとしては「好き」のハードルが下がったこと。

またそれに伴い、「好き」が増えたゆえにそれぞれかけられる力が下がったということもあるかなぁ。

単純に歳ってこともありそうだけれどw

 

もうダメ

もうそういうことを考え始めると「好き」が本当に「好き」なのかすらも分からなくなってきて、あびゃ~ってなっています。

 

なにが「好き」でなにを「したい」んだ自分。

昨日の話の続き

昨日のやつなんですが、ajaxでPOSTする際に渡してたデータをJSON.stringifyしたらいけたので原因はそこっぽい。

AWSだとそうしないとダメみたいなのかな?

 

ただangular2の方のXHR問題はただgetしてるだけなので原因がまだわからない・・・。

ふむ・・・。

 

 

Fetch APIにお会いした

たまたまWebクライアントでテキトーなJSONを返してくれるAPIに接続する必要があったので、jQueryajaxを使うという感じでやっていたら、前回のangular2の話のようにXMLHttpRequestのエラーにぶち当たってしまいました。

前回の時はangular2を使うときにlite-serverで見るようになってたのもあってAPI側をCORS有効にしても無意味だったのかと思っていたのですが、ほんとにただのフロントからのAPIアクセスでも死んで、あびゃ〜ってなっていました。(昔はシュッとjson取れた気がする)

そんなとき

qiita.com

↑こんな記事を見つけまして、それを試してみたら普通にアクセスしてjsonが返ってきたのです。

 

その名もFetch API

どうやらFetch API(https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/Fetch_API/Using_Fetch)というらしく非常に使いやすい

正直これくらいの手軽さがいい

 

通信の仕方が違うのかな?まだよくわからないです。

あとiOSとかモバイル系の一部では使えないのでその際はなんとかしなきゃいけないです。

とりあえず便利なのが見つかったというメモでした。

 

 

P.S.

APIとしてるサーバーはAWShttpsなんですが、httpからアクセスしてたので、それも原因かなぁと探ったんですがfetchは取れてajaxだと無理だったのでそもそも何が違うのか・・・?

調べます。

 

 

angular2を触ったぞい

タイトル通り、angular2を触ったぞい

ナウでヤングな感じのフレームワークとかを最近触りたいなぁと思っていたのですが、全くやる気も起きずみたいな感じだったけど、ハッカソンで使う機会があったので使いました。

 

どうよ?

結論だけ言うとまだわからないっていう感じです。

そもそもTypeScript自体もわからず、ダブルわからずで厳しかった・・・。

 

つまづいた

今回触ったときにAPIjsonデータ取りに行こうとして、つまづきました。

f:id:gucci_swa:20160822140430p:plain

こんな感じで怒られて、いろいろ試行錯誤したけどまだ解決せずという感じ・・・。

 

もう少し触っていきたいかなぁと。